周辺観光

湯野上温泉の周辺は見どころ満載

奇岩怪岩が連なる、天然記念物「塔のへつり」、
高山植物をはじめとする自然がいっぱいの「中山風穴公園」
タイムスリップ感覚が味わえる茅葺き屋根の「大内宿」など、
周辺は見どころ満載です。

塔のへつり(とうのへつり)

大川ラインに沿って自然が創り上げた芸術。国指定天然記念物の渓谷です。
「へつり」とは、この地方の方言で「危険な崖」。
100万年もの歳月をかけて凝灰岩が浸食・風化し、洞窟や塔などの奇岩、怪岩が出来上がりました。吊り橋で大川を渡ると、断崖の脇は水面の上約3m、長さ約100mの遊歩道があり、
スリリングなハイキングが楽しめます。
春の新緑、初夏の藤、秋の紅葉も美しい。

中山風穴公園(なかやまふうけつこうえん)

国道121号沿い、中山山腹の標高約800mにある自然風穴。
数カ所の表面に露出している岩の隙間から冷風が噴き出し、真夏でも地表温度は10℃前後、地下1mでは1℃以下。そのため一帯に寒地性植物・高山植物が群生しており、国指定特別天然記念物となっています。
本州最大のオオタカネバラの群落、アツモリソウ、イカリソウ、ベニバナイチヤクソウ、体長3cmのハッチョウトンボ、国蝶であるオオムテサキチョウ、モリアオガエルなど、珍しい動植物、昆虫が生息しています。近くの展望台からは、大川ラインを一望できます。

大内宿(おおうちしゅく)

会津西街道または南山通りと呼ばれ、 会津若松と日光今市を結ぶ街道の宿場として、江戸時代に栄えた大内宿。今でもその面影を残し、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。萱葺きの町並は古き日本の郷愁を誘います。
現在は、素朴で味のある土産屋、食事処などの店に形を変えて観光客を楽しませています。冬になると、辺り一面が雪で真っ白に染まり、また違った風景を見せます。
道の両側に流れる清流の音は日本の音風景100選にも選ばれています。毎年2月第2土曜、日曜日には雪祭りが、7月2日には800年余り伝わる半夏祭りが行われます。

会津若松 鶴ヶ城(あいづわかまつ つるがじょう)

難攻不落の名城とうたわれた鶴ヶ城は、戌辰の戦役で新政府軍の猛攻の前に籠城一ヵ月、城は落ちませんでした。石垣だけを残して取り壊されたのは明治7年のことです。 至徳元年(1348)葦名直盛がはじめて館を築き、改修を経て天下の名城となりました。
たくさんの方々の寄付により鶴ヶ城がよみがえったのは昭和40年9月のことです。 平成23年春には幕末時代の瓦(赤瓦)をまとった天守閣としてリニューアル公開されました。

会津湯野上温泉 宿 露天風呂と檜風呂 / 湯楽の宿 ひらのや
〒969-5206 福島県南会津郡下郷町湯野上
TEL. 0241-68-2404 FAX. 0241-68-2804